多くの克服例が示す効果|うつ病の症状が出たら早めに病院へ|諸悪の根源をバシッと克服

うつ病の症状が出たら早めに病院へ|諸悪の根源をバシッと克服

ナース

多くの克服例が示す効果

女性ドクター

多くの症例と最新技術

うつ病患者が年間100万人を突破したというデータの示す通り、近年はうつ病が増えています。現代の人は職場ばかりでなく、家庭その他でもさまざまなストレスにさらされています。誰もがうつ病を発症するリスクを抱えながら日々の生活を送っているのです。うつ病の典型的な症状は、気分の沈み込んだ状態が長く続くことにあります。趣味やレジャーも心から楽しめず、うれしいはずの出来事に喜びを感じることができなくなります。よく眠れず早朝に目が覚めてしまったり、食欲が落ちたり、以前よりも疲れやすくなったりしたら黄信号です。そうした症状が複数見られる場合は、いよいようつ病の可能性が濃くなります。いつまでも我慢していないで、精神科か心療内科を一度受診してみるといいでしょう。医師は多くの症例を見てきているため、少しの兆候も見逃しません。高度な専門知識と豊富な経験を持つ医師の治療によって、多くのうつ病患者が症状を克服させてきたのです。近年では光トポグラフィー検査という最新技術を導入する病院も増えています。脳の血流を測定することによって、心の状態が目に見えるようになりました。うつ病を発症していれば一目瞭然ですから、直ちに治療を開始することができます。治療にも磁気刺激治療法という最新技術が登場してきています。

堅実な治療法

こうした最新技術による検査や治療を試みる一方では、多くの精神科や心療内科で地道な治療が続けられています。地道とは言え、それらの治療法は患者の症状を改善の方向へと確実に導いてくれます。堅実な方法というのは多くの場合、地道な作業の積み重ねから成り立っているものなのです。多くのうつ病患者が症状を克服することのできた背景としては、抗うつ薬の進歩も挙げられます。2000年代に入ってから普及した新しいタイプの抗うつ薬の効果によって、どれだけの患者が救われてきたかわかりません。うつ病は薬によって治る病気に変わりつつあるのです。症状改善に対しては投薬治療と並んで、心理療法も大きな成果を残してきました。認知療法や認知行動療法、対人関係療法では精神科医や臨床心理士との対話を通じて、患者が自分の心と向き合います。悲観的になりがちだった思考パターンを前向きに変え、ストレスの源となっていた人間関係についても整理します。じっくりと時間をかけて治療に取り組むことで、新しい自分に生まれ変わることも決して不可能ではありません。以上のような治療を続けているうちには気分の落ち込みも解消し、喜びの感情が得られるようになります。症状を克服して心の健康を取り戻した人は、ほぼ例外なく精神科や心療内科といった病院で治療を受けてきた人たちです。まずは病院を訪れることが何よりも大切なのです。